全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
佐々淳行「わが上司 後藤田正晴 決断するペシミスト」
2006 / 08 / 16 ( Wed )
後藤田さんは佐々さんの上司。
階級や所属的には直接の上司ではないことも多かったようだが。

この本は主に佐々さんの初代内閣安全保障室長時代に起こった事件ついて。

三原山の噴火の際の避難誘導
若王子事件
金日成暗殺の誤報の顛末
東芝ココム違反事件
昭和天皇御不例
防衛庁経費1%問題

などなど

正直、この辺の事件や出来事って全然知らないから勉強になります。
一方からの視点だけで勉強した気分なのはイカンのかもしれないけどね。
そのうち、同じ事件を扱った他の人の本も読みたいところです。


自民党の、昭和後期から平成にかけての政治家って、
妖怪ジジイ的なイメージしかなかったけど
橋本さんとか竹下さんとか少しイメージUP。
やっぱりあれだけの地位に上れるってことはそれなりの人間なわけですよねぇ。

佐々さんと盟友たちの限界状態でのちょっとしたジョークなんかは凄いと思う。
これだけ切羽詰ったら仕事さえもできなくなりそうですもんね。


TB→
Looking for the Blue CHICKEN
[本ナビ]社会・政治


佐々 淳行 / 文藝春秋(2002/06)
Amazonランキング:24,752位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:お気に入りの本 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:さ 佐々淳行

10 : 45 : 06 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<竹内久美子「小さな悪魔の背中の窪み 血液型・病気・恋愛の真実」 | ホーム | J・D・サリンジャー「九つの物語」中川敏訳>>
コメント
--きのう花兎が、こ--

きのう花兎が、ここにこの辺に噴火すればよかった?
きょう花兎は、ここまで文藝春秋と決断するはずだったみたい。
文藝春秋の、他をイメージしたかったみたい。
by: BlogPetの花兎 * - * URL * 2006/08/16 * 11:05 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/97-9fa93ca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。