全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
神津善行「音楽の落とし物」
2006 / 08 / 01 ( Tue )
音楽と何にも関係無いけど、
落語家というモノは昔の、面白い話ができる人スキルのことであるから、
現代の昔風の話ができる人スキルを持った落語家よりも
タモリやタケシの方が落語家なんじゃないのか?ってのは妙に納得。

全体的には音楽こぼれ話的な、興味が無きゃわけのわからん話。
○○ってヤツが凄いんだけど、おれはそいつの知り合い。
みたいなのが多くて面白く無い。
なんというか、遠まわしな自慢話系?

楽器別性格判断はもうちょっと詳しくやって欲しかったなぁ。
N響のオーボエの人みたいに詳しく。


神津 善行 / 講談社(1984/09)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:か 作者名「か」

23 : 50 : 02 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<小松左京「ゴエモンのニッポン日記」 | ホーム | 筒井康隆「くたばれPTA」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/85-e4c32a46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。