全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
リリー・フランキー「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
2006 / 07 / 13 ( Thu )
リリー・フランキー

この人は、変なイラストを書く人だと認識していたが、ちょっと違うらしい。
どうやら、変なイラストと感動する小説を書く人だったようだ。

もちろん感動しました。
生まれが筑豊の田舎町なのでよけいに。
うちのオカンも筑豊人ですから。

ちょっと母親孝行しようかな、なんて気になる一冊です。

章毎のちょっとよくわからん詩的な文章と、
五月の人が気になりますが……。


以下、公式サイトの情報より。

ドラマ化します。
主演は北海道の大スターこと「大泉洋」
最近は北海道を越えて、日本の役者さんになってきましたね。
この人のファンなのでちょっと見ようかと思ってます。
大泉さんの彼女役がヒロスエですか、そうですか。

と、ここまではなんとなく聞いた事のある情報でしたが、
映画化も決定!!」
何が驚いたって、大泉洋の代わりがオダギリジョーww

あまりにも違うイメージの人なんでちょっとこれはこれで気になる。
本を読んだ感じでは大泉さんの方が、自分のイメージに近いんですけどね。

TB→
どくまむ日記
松永日記


リリー・フランキー / 扶桑社(2005/06/28)
Amazonランキング:214位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

12 : 12 : 48 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<すっきりしないスッキリ!! | ホーム | 筒井康隆「心狸学・社怪学」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/74-d324a41d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。