全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
石原慎太郎・田原総一郎「勝つ日本」
2006 / 07 / 09 ( Sun )
石原氏と田原氏がリレー形式で話題を膨らませていく。

石原氏の政治的な意見には元々賛成だったのですが、
田原氏もこの本の中ではわりと石原氏と同じ方向性の思考に見えた。

普段のサンプロだととんでもない媚中派なのにね。
人の意見は気に食わなければ遮るし。
んー、どっちが田原氏の本当の意見なんだろうか?

それとも、本を出した後、最近になって意見が変わったのだろうか?
、、まぁ、それはないと思いますけど。


とりあえず、海外、特に自称先進国だったりする国への援助は中止して、
ちゃんと感謝してくれる国や、国内問題に投資してもらいたいと思いました。


第1章 さらば自民党・経世会政治(田中・竹下政治は終焉したか;不気味な政治家だった竹下登 ほか)
第2章 すべての国は「仮想敵国」である(世界は変わり、日本は変わらない;有色人種で唯一近代国家をつくった歴史に自信をもて ほか)
第3章 IT・バイオでアメリカに勝つ(日本人には本来、独創力や発想力がある;日本人は英知に満ちた民族だ ほか)
第4章 中国の横暴を許すな(米中のパイプ役になることが日本の将来につながる;ODAは対中国戦略の有効な武器になる ほか)
第5章 二十一世紀・日本の戦略(もうアメリカは“ジャパン・ナッシング”では済まされない;新大統領に対してもタフな交渉力が必要となる ほか)




石原 慎太郎, 田原 総一朗 / 文藝春秋(2002/11)
Amazonランキング:189,212位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学 - カテゴリー:あ 石原慎太郎

14 : 34 : 13 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<小松左京「物体O」 | ホーム | 塩コショー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/62-e224f15c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。