全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
筒井康隆「笑うな」
2006 / 07 / 08 ( Sat )
漫画版でも読んだけど、「傷ついたのは誰の心」はちょっと怖い。
よく分かってはいないのだけど、何か強烈な印象が残った。

他はもう、さすが筒井先生。
あ、でもトーチカはいまいち。
ルビの多い作品って、ルビと元の言葉を同時に読んでしまうから、
当て字過ぎるルビを読むと疲れるのです。


正統派なSFショートショートも、
純文学っぽい少し意味不明な考えさせられるものも、
落語みたいな駄洒落落ちのものも、
よくまぁこれだけ一人の人間がかけるものだと感心。


収録作


笑うな
傷ついたのは誰の心
悪魔を呼ぶ連中
最初の混線
遠泳

自動ピアノ
正義
夫婦
帰宅
見学
特効薬
堕落
涙の対面
流行
セクション
廃墟
ある罪悪感
赤いライオン
猫と真珠湾
会いたい
接着剤
駝鳥
チョウ
血みどろウサギ
マイ・ホーム
ブルドッグ
トーチカ
座敷ぼっこ
タック健在なりや
産気
ハリウッド・ハリウッド
末世法華経
ベムたちの消えた夜





筒井 康隆 / 新潮社(1980/10)
Amazonランキング:35,109位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学 - カテゴリー:た 筒井康隆

12 : 38 : 28 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<小松左京「時間エージェント」 | ホーム | 小松左京「骨」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/59-df0a0765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。