全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
V.マクダーミド「壁に書かれた預言」宮内もと子訳★★★★★
2009 / 03 / 27 ( Fri )
全19編の短編小説。
1作あたり約10ページしかないのに、
キャラクターの描写が凄く濃い。

形式的には似ているのかもしれないけど、
N氏とはまったく種類の違う、僅か10ページ程度の1編から
サスペンスを1冊読みきった満足感を得られた。

トイレの落書きでストーリーが展開する表題作はインパクト大。

こーゆー良質な短編こそ映画化されるべきだよね。

ミッテル
疾走
油断大敵
命取りのミス
白夜と黒魔術
壁に書かれた預言
真人間になりたい
得がたい伴侶
クリスマスのしきたり
サンタを殺した少女
お大事に
善意の罠
帰郷
火祭り
ビンゴ・ホールの女たち
残念賞
変身
恋人たちの末路
ダンディーへの道

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:オススメ本!! - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:海外 海外の作者

08 : 49 : 40 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<五十嵐貴久「交渉人」★★★☆☆ | ホーム | K.ヴォネガット「タイムクエイク」浅倉久志訳★★☆☆☆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/425-737ad446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。