全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
北原薫明「連合赤軍「あさま山荘事件」の真実」★★★☆☆
2009 / 02 / 10 ( Tue )
警視庁の首脳部の立場で書かれた佐々氏、
マスコミの立場から書かれた久能氏、

今回は県警の幹部だった北原氏の書くあさま山荘事件。

今回は前半があさま山荘事件について、
実際にどれだけのモノとヒトが動いたかの
覚え書きに近い部分もあるが、
かなり詳しく細かいことまで書かれていて面白い。

後半は逮捕後の犯人の自供による総括殺人事件について。

これを見てるとやっぱり、共産主義ってのは理想であって、
当たり前の人間には実現するのは不可能だな、と。

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:ノンフィクション - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:か 作者名「か」

20 : 38 : 15 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<奥田英朗「真夜中のマーチ」★★★★★ | ホーム | 筒井康隆「わが良き狼」★★★★☆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/405-c68c06a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
連合赤軍「あさま山荘事件」の真実―元県警幹部が明かす
私が3歳の時の事件。 同級生の中にはテレビで観たのを覚えている奴さえいる。 キーワードとして断片的には知っているけど、恥ずかしながら事件の一部始終は知らなかったので、読んでみた。 が。 本を選び間違えたみたいです。 文体は警察マンセー、犯行グループ憎... ++ ヲチ後感想文 ++【2009/03/09 00:10】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。