全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
筒井康隆「12人の浮かれる男」
2006 / 06 / 11 ( Sun )
小説じゃなくて、戯曲集。

収録は、
12人の浮かれる男
情報
改札口
将軍が目醒めた時
スタア

ついでに、戯曲内で使われる曲の楽譜と歌詞もついてました。

やっぱり小説のスタイルと比べると読み難い。
特に「12人の~」は登場者名が陪審員1号~12号なんで
適当に読んでるとどれが誰だか分からなくなる。
その意味では、表紙に12人の男たちの絵が書いてあるのは便利。

ただねぇ、12号(小柄な男)のはずが、どう見ても大きい。
どうでも良いけど凄く気になる。
いや、ホントにどうでも良いんだけれども。


将軍が~が面白かったかな。
ショートショートとして纏まっているから。

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

23 : 40 : 05 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<お笑い番組 | ホーム | びっくり箱-姉妹編->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/38-f44e90db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。