全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
小松左京「飢えなかった男」
2006 / 06 / 03 ( Sat )
短編集。
面白かった。

収録作品は、



飢えなかった男
出て行け!
迷い子
騒霊時代

明烏
高砂幻戯
乗合船夢幻通路
天神山縁糸苧環


ⅠはSF系、Ⅱは昔話?系。
個人的には前半最高、後半はそうでもない感じ。


飢えなかった男は、飛行機墜落事故でジャングルに取り残された男が、なぜか数ヶ月間生きていた。
しかも、保護された時にはに通常の人間では考えられない体になっていたという話。

事故にあった他の人間を食べたのかもしれない、とか色々まともな事故の話から持って行って、
最後の最後でやられました。
ここでSFか、と。

ただ、主役の男と事故の男がなぜ心を通わせたのかなど、疑問点も少々。
長編になっても間違いなく面白かったんじゃないかな。


あとは、騒霊時代がおもしろかった。


スポンサーサイト

_____________________________________________________________

01 : 43 : 47 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<筒井康隆「あるいは酒でいっぱいの海」 | ホーム | 北杜夫「大日本帝国スーパーマン」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/31-3da4b435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。