全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
長田渚左「こんな凄い奴がいた」★★★☆☆
2008 / 01 / 24 ( Thu )
著者の名前が「おさだなぎさ」だったことに驚き。
本の内容は日本人のオリンピック出場者について。

30人ほどが紹介されているのはたくさんあっていいのだが、
文庫本1冊にこれだけ収めると1人当たり5ページ以下。
いくらなんでもこの分量では少なすぎるだろう。

正月にNHKで特番があったらしい(NHK番組ページ
TVだったらもっと1人1人に深く入り込んでくれてたのかなぁ?

スポーツマンというよりは職人とでも言ったほうがいいくらい
選手達の競技とその本番の一瞬にかける精神力は凄まじい。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:あ 作者名「あ」

20 : 40 : 59 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<小松左京「はみだし生物学」★★☆☆☆ | ホーム | 東山彰良「逃亡作法」★★★☆☆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/306-45b3ab74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。