全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
R.ブラッドベリ「二人がここにいる不思議」伊藤典夫訳★★★☆☆
2008 / 01 / 11 ( Fri )
SF系で有名なブラッドベリの短編集。
が、しかし、この本はSFだけではない。
かと言って、煽り文句にあるような「ジンワリいい話」でもない。

ジョークがキツイ作品や、ワケのわからないものまで。
特に、アメリカ的な思考や、一般的な話題(たぶんドラマか映画)が
わからないとその話の基本的なところがわからないのが辛い。

ストーンスティル大佐はいい人だ。

収録作

生涯の一度の夜
トインビー・コンベクター
トラップドア
オリエント急行、北へ
十月の西
最後のサーカス
ローレル・アンド・ハーディ恋愛騒動
二人がここにいる不思議
さよなら、ラファイエット
バンシー
プロミセズ、プロミセズ
恋心
ご領主に乾杯、別れに乾杯!
ときは6月、ある真夜中
ゆるしの夜
号令に合わせて
かすかな刺
気長な分割
コンスタンスとご一緒に
ジュニア
墓石
階段をのぼって
ストーンスティル大佐の純自家製本格エジプト・ミイラ

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:読書 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:海外 海外の作者

20 : 48 : 43 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<筒井康隆「薬菜飯店」★★★★★ | ホーム | ハセベバクシンオー「ビッグボーナス」★★☆☆☆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/302-11aa0907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。