全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
東野圭吾「むかし僕が死んだ家」★★★★★
2007 / 09 / 15 ( Sat )
別れた彼女からの頼みで別荘地の廃屋探検へ出かける。
彼女には幼い頃の記憶がなく、
そのヒントになるかもしれない死んだ父親の残した鍵と
わずかな記憶を元にたどり着いた廃屋の中で見つけたものは?
そしてよみがえった記憶は?

登場人物が二人だけにしては話が広がり、
いたるところに伏線が仕掛けられ、
どうなるのかどきどきしていたのだが、
流石は東野圭吾、きっちりと話をまとめてしまっている。

話としては面白いのだが、
やはりどうしても児童虐待が絡んでくると読んでいてキツイ。



東野 圭吾 / 講談社(1997/05)
Amazonランキング:27378位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:は 東野圭吾

23 : 54 : 35 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<柳原慧「パーフェクト・プラン」★★★★☆ | ホーム | 北杜夫「怪盗ジバコの復活」★☆☆☆☆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/275-ac7c4eee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。