全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
式田ティエン「沈むさかな」★★★☆☆
2007 / 09 / 10 ( Mon )
珍しく二人称で進むストーリー。
主人公=「きみ」が何事にも受身で消極的で反応が鈍いので、
帯に書いてあるような疾走感はそれほど感じられない。
作中での出来事に対しても、気の抜けた反応を繰り返すし…
そんなキャラにしないとそうならないというのはわかる気もするが、
やはり感情移入のしにくい二人称と主人公のセットは楽しみが半減する。

それでも、海中での攻防や謎の核心に迫っていく段階など、
読んでいて面白いところも結構ある。
が、やはり惜しいね。
ラストで大きな謎と言うか、ネタが明かされるが、
ほとんどメインの謎には絡んでいないところなので「ふーん」ってくらい。
この部分に関しては、単純に作者がそんな文章を書きたかっただけなんじゃないの?
と言いたくなるくらいメインに関係がなかったのが凄く残念だ。
多少気にはしていたが絶対そうだとは言い切れない程度に疑っていた私としては。


式田 ティエン / 宝島社(2004/06/15)
Amazonランキング:109253位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

23 : 01 : 17 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<北杜夫「怪盗ジバコの復活」★☆☆☆☆ | ホーム | 松本清張「点と線」★★☆☆☆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/273-72d53f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。