全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
星新一「盗賊会社」
2006 / 05 / 30 ( Tue )
一通り読んだような気も、まだまだ読んだない作品がありそうな気もしますが…
時々買って来ては読んでしまいます。



収録作品は、


雄大な計画
新しい社長
名案
ぼろ家の住人
滞貨一掃
あるロマンス
あすは休日
盗賊会社
殺され屋
あわれな星
やっかいな装置
程度の問題
趣味決定業
装置の時代
気前のいい家
最初の説得
仕事の不満
あるノイローゼ
声の用途
紙幣
大犯罪計画
感情テレビ
悲しむべきこと
時の人
善意の集積
黒い棒
なぞの青年
特許の品
打ち出の小槌
あるエリートたち
最高のぜいたく
無料の電話機
夕ぐれの行事
帰宅の時間
助言
長い人生


同タイトルのセレクション版も出ているみたい。
でも読んだのは古い方の文庫版(定価280円w

定価の時点で時代を感じますw
全36編だから、一つ7~8円くらい?安すぎない?
自分で計算しておいて驚いた。

お気に入りは、「助言」「最高のぜいたく」「あるエリートたち」

「助言」と同系統で、「あわれな星」「紙幣」あたりも。
このタイプのちょっとおかしな宇宙人が出てくるパターンが好きなのか。

その変形としての、ネジの外れた科学者やお金持ち系も。


エリート達の作った新しいゲームが気になります。
どこかの会社が似たようなことをやってたりしないんですかね?

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

09 : 28 : 22 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<北杜夫「人工の星」 | ホーム | 小松左京「復活の日」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/27-b0695fd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
想像力の読書:盗賊会社
盗賊会社 (新潮文庫)作者: 星 新一出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1985/08メディア: 文庫 フィクションには大きく分けて2パターンあると思う。 一つは、真実味を持った描写力で、まさにバーチャルリアリティと言うべき臨場感を楽しませてくれる作品。 もう一つは、読者... 本読みの記録【2009/01/20 23:13】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。