全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
佐々淳行「戦時少年佐々淳行 父と母と伊藤先生」★★★★★
2007 / 08 / 05 ( Sun )
教育はハードウェアじゃないな、と考えさせられる一冊。
戦中の教育界にいた、伊藤先生という偉大な先生の記録。
佐々氏が産まれてから終戦まで、そして伊藤先生に関連する
その後のお話をまとめてある。

「昭和二十五年五月五日の正午。戦争を生き延びたら、必ずみんな西郷さんの銅像の下にあつまろう」



この男の約束を守るために終戦後に集まったメンバーは凄い。
こんな人たちがいたから戦後の日本が復興したんだなと。
それにしても佐々氏、いくら戦中のこととは言え、
なかなか悪いこともしていらっしゃったようです。
とても充実していたようですけどw




佐々 淳行 / 文藝春秋(2003/03)
Amazonランキング:166796位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:さ 佐々淳行

00 : 25 : 11 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<福井晴敏「月に繭 地には果実 上中下」★★★★★ | ホーム | 小松左京「猫の首」★★★☆☆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/261-bf8e0733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。