全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
K.チャペック「ロボット(R.U.R)」★★★☆☆
2007 / 07 / 16 ( Mon )
古典SFの名作「ロボット」
ロボットという言葉の語源。
そして、6月の読書会課題本でもある。

人間が作ったロボットが自我を持ち、
反乱を起こすようになるまでを描いたSF。

ただし、ロボットとは言っても
現在イメージするような金属の塊ではなく、
どちらかというとサイボーグやクローン人間に近い。
蛋白質ではない有機的な何かから生まれた人間に近いモノらしい。

題材的にはすごく好きなのだが、
とにかく古いのと戯曲形式なのとで読むのに苦労した。
誰かがリメイクすればまた今でも楽しめる作品になると思うのだが。

ロボット
岩波書店
千野 栄一(翻訳)カレル・チャペック(著)Karel Capek(著)
発売日:2003-03-14
おすすめ度:5.0


スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:海外 海外の作者

22 : 57 : 55 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<池波正太郎「剣客商売14 暗殺者」★★★★☆ | ホーム | 池波正太郎「剣客商売13 波紋」★★★★☆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/253-f755c187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。