全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
池波正太郎「剣客商売10 春の嵐」★★★★★
2007 / 06 / 26 ( Tue )
あきやまだいじろう」を名乗る謎の刺客が現れ、
混乱が生じる秋山家とその周辺、そして江戸の政界。
そして、通常タイトルなのに長編だったことに驚く私。
さまざまな混乱を乗り越え読み進めるにつれ、
バラバラだった断片が一つづつ繋がりはじめる。

むぅ、流石は長編。読み応えあります。

歴史の教科書のイメージでは、
田沼意次=悪、賄賂、、松平定信=潔癖なイメージだったのだが、
この本+最近の研究ではそうでもないらしいです。
(詳しいことはこの辺で→wiki田沼意次wiki大石慎三郎
最近の教科書ではどんな風に教えているんだろうか?



池波 正太郎 / 新潮社(2003/01)
Amazonランキング:177306位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:武士道 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:あ 池波正太郎

23 : 10 : 20 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<H.F.セイント「透明人間の告白 上・下」★★★★☆ | ホーム | 池波正太郎「剣客商売番外編 黒白 上・下」★★★★★>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/245-b89063ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
『剣客商売10 春の嵐』池波正太郎
剣客商売10 春の嵐 池波正太郎/新潮文庫わざわざ「名は秋山大治郎」と名乗って辻斬りを繰り返す頭巾の侍。窮地に陥った息子を救う小兵衛の冴え。シリーズ初の特別長編。 『剣客商売』初の長編。短編も当然のことながらサクサク読めて面白いのだけれども、この「春の嵐」は殊 ひなたでゆるり【2007/06/30 20:24】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。