全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
飯嶋和一「始祖鳥記」★★★★★
2007 / 06 / 07 ( Thu )
空を飛ぼうとした男、江戸時代の表具師・幸吉のお話。
フィクションかと思っていたら事実と思われる出来事がベースになっているらしい。(wiki浮田幸吉
これが事実なら世界初のグライダーによる飛行らしいのだが。

一章は幸吉が産まれてから表具師として活躍し、空を飛び、
そのために生まれ故郷を追放されてしまうまでを書いている。
そしてなぜか二章は突然の登場人物が続出。
もしかしてこれはまったく別の話なのか?と思っていたら
ようやく幸吉が登場し、話しが繋がりはじめる。

結末は歴史の闇(竜神様)の中。
この結末の雰囲気は「神無き月十番目の夜」と同じような感じかな。



飯嶋 和一 / 小学館(2002/11)
Amazonランキング:13454位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

09 : 09 : 58 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<池波正太郎「剣客商売7 隠れ蓑」★★★★☆ | ホーム | 池波正太郎「剣客商売6 新妻」★★★★★>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/236-7c9625cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。