全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
酒見賢一「陋巷に在り5 妨の巻」★★★☆☆
2007 / 05 / 30 ( Wed )
孔子も顔回もほとんど活躍しない第5巻。

孔子は悪悦と小正卯の悪巧みにやられっぱなし。
五六は鏡の虜になり、公冶長は予想外の裏切り者に会い衝撃を受ける。

うー、やっぱり孔子一門の間抜けっぷりと言うか、後手に回り具合にイライラする。何のためのお勉強なのか、何のための礼(儒)なのか。学んでも学んでも逆に窮地に陥ってしまっていくこの展開。
悪悦の独りよがりな論理の展開にも腹が立つ。

なんだ、腹が立ってばかりじゃないか。
孔子一門のすっきりするような反撃はまだか?


酒見 賢一 / 新潮社(1999/06)
Amazonランキング:264888位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:さ 酒見賢一

22 : 01 : 20 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<池波正太郎「剣客商売4 天魔」★★★★☆ | ホーム | 池波正太郎「剣客商売3 陽炎の男」★★★★★>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/231-168b7af4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。