全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
長沢工「はい、こちら国立天文台―星空の電話相談室―」★★☆☆☆
2007 / 05 / 05 ( Sat )
国立天文台公式)の電話相談室と言うところに勤める方のお話。
なぜかアマゾンのこの本のページが開けません(23:10現在

「月はどっちに見えるの?」といった小中学生の質問から、
「次回の流星群はいつか、前回はいつか?」というマスコミの質問まで、
とにかくあらゆる「宇宙」等に関する質問に電話で答えてくれるのが
国立天文台の電話相談室なのだそうです。

しばらく前に本屋で見かけて以来気になっていたのですが、
ようやく入手&読むことができました。
期待が大きすぎたんでしょうかね?w

「東の空にUFOが見える!」と言うお馬鹿な電話や、
離島に住む女の子からの「彗星の写真が見たい」なんてリクエストに答えたり、
一つ一つのエピソードは結構面白かったんだけどなぁ。

なんとなく、著者の性格に馴染めませんでした。
どうしても、ひどく冷たく感じてしまうところが多かったので全体としては楽しめないんですよね。
んー、せっかく面白そうな題材の本だっただけに残念だなぁ。

個人的には幼い頃に興味を持ったのは星よりも虫でした。



長沢 工 / 新潮社(2005/08)
Amazonランキング:179535位
Amazonおすすめ度:


スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:な 作者名「な」

23 : 22 : 43 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<池波正太郎「まぼろしの城」★★★☆☆ | ホーム | 眉村卓「ポケットのABC」★★☆☆☆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/219-58479dd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。