全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
筒井康隆「東海道戦争」
2006 / 05 / 17 ( Wed )
筒井康隆と、小松左京と、星新一を読み漁ることにしました。



とか言いつつも今読んでいるのは「小泉八雲」だったりしますが。

最近古い本ばっかり読んでる気がします。
実際に古い本を選んで買ってきているわけですが。

新しい作者は面白いかどうかの判断が難しいです。
流行っているから面白いとは言い切れないわけです。

文章が物凄く単純で、読みやすいだけで流行っているものや、
逆に文体だけ難解で、中身がないものもよく有ります。

そう言う意味では、筒井康隆の変態的なアイディアを眺めているだけで楽しいわけです。
悪い意味で言ってるわけじゃないですよ。


収録作品は、
東海道戦争
いじめないで
しゃっくり
群猫
チューリップ・チューリップ
うるさがた
お紺昇天
やぶれかぶれのオロ氏
堕地獄仏法


群猫がお気に入り。なんて読むのか分からないけどw
下水道に何か恐ろしいものが潜んでるってイメージは好き。

堕地獄仏法は凄いと思った。
某宗教と某政党を皮肉ってるわけですけど、
漢字を変えただけで大丈夫なのかな?ってくらいの勢いが。
この作品を発表した時にもめたりしなかったんでしょうか?
気になります。


関係無いけど、ブログペットの「花兎」復活。
こいつの名前にも「・改」をつけようかな?w

さらに関係無いけど、うちの近所で殺人未遂の事件発生。
犯人の一人が逃走中。
やくざとかそろそろ絶滅したりはしないのでしょうか?
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

01 : 42 : 30 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<小泉八雲「小泉八雲集」上田和夫訳 | ホーム | 星新一「おかしな先祖」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/20-68ae04a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。