全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
筒井康隆「ジャズ小説」★★★☆☆
2007 / 01 / 22 ( Mon )

筒井氏がジャズアルバムから着想を得た短編小説集。巻末には参考とされたジャズの名盤の解説と、山下洋輔による筒井康隆論65枚も収録。

全体的に普段の筒井作品よりはおとなしめというか、上品というか。これがジャズの力なのだろうか?お気に入りは「ニューオリンズの賑わい」、「懐かしの歌声」、「ライオン」

特に、ジャズを理解し、恥の心を持つライオンは無条件にカッコイイ。どうしてもジャズにノリきれない典型的日本人としては、ジャズボーカルなんてものはまったくついていけない世界なのだ。


収録作

ニューオーリンズの賑わい
葬送曲
はかない望み
ソニー・ロリンズのように
ラウンド・ミッドナイト
懐かしの歌声
恐怖の代役
陰謀のかたち
チュニジアの上空にて
ムーチョ・ムーチョ
ボーナスを押さえろ
ライオン
ディスク情報


筒井 康隆 / 文藝春秋
Amazonランキング:188093位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

01 : 26 : 59 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<筒井康隆「ジャズ大名」★★★★☆ | ホーム | 保坂和司「カンバセイション・ピース」★☆☆☆☆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/180-99f19b21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。