全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
森博嗣「四季 春」★★★★★
2006 / 12 / 30 ( Sat )
四季シリーズの一作目だが、S&Mから始まる真賀田四季の物語の一部でもある。
この作品は、四季博士幼少の頃のお話。

真賀田四季森博嗣の作り出したキャラクターにして、
私の今まで読んだ小説の中で最高の頭脳を持つ女性。
もちろん、タイムマシンを作ったなんていうSF的な超天才は除いて。

そもそも、「天才」を自分の創作物の中で表現できると言うのは凄いことだと思う。
漫画によくあるIQ200等とはまったく違う次元の存在。
天才を表現するために周りのレベルを下げる、なんてありがちな展開ではない。
すでに、犀川助教授や西之園萌絵の時点で追いつけていないのだ。
これだけの才能を表現できる森氏の頭の中を覗いてみたいと思う。

すでに二作目「四季 夏」も既読。
続けて、秋・冬も入手次第読みたいところ。
他のシリーズへの、からの伏線なんかをどう消化するのか非常に楽しみ。


森 博嗣 / 講談社
Amazonランキング:4449位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

23 : 30 : 33 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<森博嗣「四季 夏」★★★★☆ | ホーム | 田中啓文「ハナシが違う! 笑酔亭梅寿謎解噺」★★★★☆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/170-697f1c02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。