全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
筒井康隆「腹立半分日記」
2006 / 12 / 01 ( Fri )
筒井康隆、サラリーマン時代から作家としての地位を確立した頃までの日記
残念ながら、リアルタイムでのツツイストでない私には半分も楽しめなかった。
他人の悪口や、生活の詳細などとても書けないことは
死後発表予定の完全版を待て、とのことだがそれは読んでみたい。

最初はサラリーマン時代の本当にただの日記
今日は何を食ったとか、パチンコに勝った・負けたなどどうでもいい内容ばかりだ。
中盤は、筒井氏が作家として生活を始める東京進出編。
ここから星新一・小松左京そのほか筒井氏の作品に関連のある
作家や有名人の名前が多数出てくる。
後半は筒井氏が東京での生活疲れ故郷に戻る神戸編。
わけのわからぬミーハーなファンに対して筒井氏と一緒に腹立ちを感じる。

よほどのファンでない限りは、いまさら読むものでもないかな。

筒井 康隆 / 角川書店
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:読了本 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:た 筒井康隆

13 : 45 : 28 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<綾辻行人「どんどん橋、落ちた」 | ホーム | 浅倉卓弥「君の名残を(上・下)」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/155-bd4296d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。