全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
筒井康隆「エディプスの恋人」
2006 / 11 / 30 ( Thu )
「家族八景」「七瀬ふたたび」の続編。そして七瀬シリーズの最終作。
始まりの舞台はとある町のちょっと上流な高校。
七瀬はその高校で事務員として平和に働いている。

???
あれ?超能力者排斥集団「普通の人々」は?
ふたたびのラストで七瀬は銃で撃たれて絶体絶命なピンチじゃなかったっけ??
なんて疑問はまったく無視して話は進む進む。

そんな七瀬の前に現れた超能力者と思われる少年。
彼の他とは違う精神構造に興味を持ち、少年のことを調べはじめる七瀬。
で、前作とのつながりはどうなったのよ?って思いながらも話は進み…。

最終的には神(もしくはそれに近い存在)までも登場し
とんでもないスケールで終幕を迎えるわけですが、
最後の最後で、そうだったのか!と納得のいく展開に。
流石は筒井先生。ここまで焦らされた甲斐がありました。
と、終わり方にはだいぶ満足なのですが。

しかし、これまでの三作で七瀬に愛着を持ち、
ある意味七瀬の父母のような気持ちでどんな男と付き合うことになるのか?
なんて考えていた私にしては、七瀬の彼氏についての描写が非常に不満なのです。
あまり魅力を感じないのです。
なんかこう、ママに守ってもらっているだけなのです。
ああ、だからこそこのタイトルなワケなのですね。
んー、この点だけはちょっと納得できませぬ。



筒井 康隆 / 新潮社
Amazonランキング:21201位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:た 筒井康隆

01 : 27 : 06 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<浅倉卓弥「君の名残を(上・下)」 | ホーム | 佐々淳行「平時の指揮官 有事の指揮官」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/153-23a424b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。