全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
筒井康隆「七瀬ふたたび」
2006 / 11 / 25 ( Sat )
家族八景の続編。
家族八景では七瀬はたった一人の超能力者だったが、
七瀬ふたたびでは、他にも何人かの超能力者が登場する。

本編とは関係ないのだが、家族八景に続いて七瀬ふたたびも解説が最低最悪。
書いたのは平岡正明という人。
こんなに最低な解説は私の短くない読書暦の中でも初めてだ。
続編のネタをばらしてしまう解説というのはいかがなものか。

平岡正明、ちょっと検索したところ作家・評論家らしいのだが
書き手としても読み手としても最低限のマナーがあるだろう。
あぁ、いくら文句を言っても言い足りない。とりあえず、
まだ読んだことの無い人はこいつの解説は読まないほうがいい。
本編は最高に面白かっただけに最低な気分だ、
うわぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁあぁぁぁ。


で、本編について。家族八景は超能力者七瀬の孤独と、
一見普通に見える家族の中のドロドロとしたグロテスクな世界。
体の動きよりも精神の動きをメインに描かれている。
七瀬ふたたびでは超能力を持った仲間や、
悪意を持った超能力者が登場し、サイキックバトルを展開する。
崖の崩落事故にはじまり、マンションでの乱闘、
フェリー上での混乱、など動きの多いストーリー。
最終的には超能力者を敵視する集団が登場するのだが…。

あ、週刊サンデーに連載中の「絶対可憐チルドレン」ってここからきてるのかな?
漫画つながりで、山崎さやかという人が「nanase」という漫画を描いているようだ。
絵は綺麗。ちょっと興味あり。

しかしこの、普通の人々(超能力者排斥集団)は恐ろしい。
一般人が犠牲になるのも、自分たちが多少死んでしまうのも
お構いなし。これぞ正統派悪役集団である。

ラストは衝撃的で、しかも悲しい。
これがそんな風に次につながるとは…。流石筒井康隆



筒井 康隆 / 新潮社
Amazonランキング:19219位
Amazonおすすめ度:


スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:た 筒井康隆

01 : 36 : 50 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<佐々淳行「平時の指揮官 有事の指揮官」 | ホーム | 河野義行「「疑惑」は晴れようとも 松本サリン事件の犯人とされた私」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/151-dea8ae37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。