全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
中沢けい「楽隊のうさぎ」
2006 / 11 / 10 ( Fri )
吹奏楽を今現役でやっている人よりも、
○年前に吹奏楽をやっていた人、
子供が吹奏楽部で毎日帰りが遅いなんて思っているご両親にお勧め。

出てくる音楽は交響的譚詩、ラ・マルシュといった課題曲、
シバの女王ベルキス、くじゃくなど90年代後半のもの。
今読むにはちょっと古いかな。
ほとんどの吹奏楽部にはCDとして置いてあるような曲だけど。

主人公克久ことカッチンは完全な初心者。
入った吹奏楽部は全国大会を狙えるレベル。
カッチンはなんとなく流されて入部することになる。
この辺に惹かれるなぁ。自分と境遇が似ている。
まぁ、楽譜も読めないで吹奏楽始める人は少ないだろうけどw

読んでいてちょっと悲しかったのは、
卒業した先輩たちの「こんな真剣な音は、もうこの先出せない気がする」って台詞。
まだこんなことを言うのは早すぎるんじゃないかな?
少なくとも学生のうちは音楽だけに集中できると思う。
社会人になって市民バンドでってのは難しいだろうけど。
中学校までで詰め込みすぎると燃え尽きる子も多いんだよね。

あー、関東の中学高校の吹奏楽部員がうらやましいw

TB→
Suzuna日記
ヒトリゴト


中沢 けい / 新潮社
Amazonランキング:78614位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:お気に入りの本 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:な 作者名「な」

10 : 59 : 19 | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
<<大石英司「神はサイコロを振らない」 | ホーム | 佐藤哲也「イラハイ」>>
コメント
--TBさせて頂きました--

こんにちは。
トラックバックありがとうございます。
Blogに慣れていなくて操作がよくわからなかったので大変遅くなりましたが、こちらからも貼らせて頂きました。
びとさんはCl吹きなんですね。
また訪問させていただきます。

by: Suzuna * o62Oc.hk * URL * 2007/01/18 * 14:23 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/139-58080da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
楽隊のうさぎ(中沢けい)-新潮文庫
おとなしく自己主張が苦手な少年が、中学校でふとしたきっかけで吹奏楽部に入部し、そこで出会った打楽器や音楽、友人との関わりを通して、少しづつ成長をとげていく青春小説。吹奏楽部の練習風景や、そこで起こる問題の一つ一つがとてもリアルで、中・高生活のほとん... Suzuna日記【2007/01/18 14:18】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。