全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
広瀬隆「パンドラの箱の悪魔」
2006 / 11 / 06 ( Mon )
オリンピックやW杯やダイヤモンドや原子力発電所や
核融合の開発や日本の農業やダイオキシンや
環境ホルモンや白人による支配など色々なことに警鐘を鳴らす一冊。

いろんなことを調べてあるのだが、
場合によっては結論が先になってしまい、
それについて何度も繰り返して解説する形になっている。
たぶん広瀬さんの考えが正論なのだろうが、
ヒネクレモノの私は正論を押し付けられるのが苦手である。
昔からこの件については問題視していましたよ的な書き方も好きではないのだ。

悪い本ではないと思うのですけどね。
読んでいて大変疲れる一冊でした。
全部本気で読んじゃうとお先真っ暗な世界ですものね。
とても個人の力ではなんともしようが無いところで世界は動いているんですね。

TB→
からっぽ

第一話 オリンピアの祭典
第二話 壮大な核スキャンダル
第三話 妖しいダイヤモンドの輝き
第四話 虚栄の市(ヴァニティー・フェア)
第五話 プール一滴の毒
第六話 二番目の陽もまた沈む
第七話 水田が見えない風景
第八話 開かれたパンドラの箱




広瀬 隆 / 文藝春秋
Amazonランキング:114,970位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:は 作者名「は」

00 : 54 : 05 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<岡嶋二人「99%の誘拐」 | ホーム | 筒井康隆「宇宙衛生博覧会」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/133-09d4833a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。