全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
竹内久美子「遺伝子が解く!女の唇のひみつ」
2006 / 11 / 01 ( Wed )
週刊文春H13.10.25号~H14.10.17号までに掲載された
ズバリ、答えましょう』をまとめたもの。
「遺伝子が解く!男の指の秘密」の続編。

第1章 性は進化し続ける
(エッチな妄想とくしゃみ/子どもは美人を見分ける;女はフェロモンを嗅ぎ分ける ほか)
第2章 みんなの繁殖問題
(ダイエット=避妊法説;子どもの三歳・反抗期のワケ ほか)
第3章 ドライブする食べもの
(心に効く!タケノコに秘められた力;食す前に知っておきたい、フグ毒と美味の理由 ほか)
第4章 本音で生きる動物たち
(黒猫が気弱なのは…;サルもオルガスムスで「ホウ」と叫ぶ ほか)
第5章 キテレツ科学者と一緒に
(ノーベル賞に一番近い男・マーク小西;野口英世がノーベル賞を逸したのは… ほか)



男は兄のほうがシンメトリーだとか、
注※シンメトリー、動物を観察する上で重要なポイント。
たとえば目・耳・鼻の穴・手など左右二対あるものが、
どれだけ同じ大きさ・形になっているかということ。
シンメトリーであればあるほど女性にモテルし、
(なぜか女性の場合はシンメトリーさがそれほど重要視されないようだ
馬は良く走るし、とにかく生物として優れていることが多いらしい。

耳垢がウェットな人ほど体臭が強い可能性が高いとか、
高齢出産なほど男の子を生む可能性が高いとか、
わりと身の回りのことについて、動物行動学的に竹内さんが答えてくれます。

すごく面白いのですが、問題が一つ。
性の話題が多いので(見出しにドーン!とそんな単語が出てたりする)
電車の中で読むときには後ろに気をつけましょう。ゴルゴみたいに。

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:た 竹内久美子

09 : 00 : 34 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<筒井康隆「バブリング創世記」 | ホーム | 宮部みゆき「魔術はささやく」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/128-d3413ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。