全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
東野圭吾「宿命」
2006 / 10 / 19 ( Thu )
秘密→宿命と東野さんのラストの鮮やかさに感動。
ラストに感動したせいで本題の殺人事件についてあまり覚えていません。

最初は和倉さんの宿命について語られた本だとばかり思っていたのですが、
そうではなかったのですね。読みが甘かったようです。
ライバルの瓜生にも、元恋人で瓜生夫人の美佐子にも宿命があります。

宿命ですね。

小学校、中学校、高校と
同級生でありながらライバルだった二人は
容疑者と刑事として再会する。


これを見たときにはOヘンリを思い出したのですが、
ぜんぜん関係ありませんでした。



東野 圭吾 / 講談社
Amazonランキング:44,039位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:は 東野圭吾

00 : 11 : 50 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
<<筒井康隆「日本列島七曲り」 | ホーム | 筒井康隆「農協月へ行く」>>
コメント
--最後の結末に感動--

 推理小説は、犯人が解ったらそれで終わるのが普通だと思っていました。でも、宿命を読んで驚きました。まさか、こんな結末が待っているなんて思いませんでした。凄く奥が深いストーリーだと思います。
 「宿命」を読んで、ますます東野圭吾さんの小説にハマりました★
by: * - * URL * 2007/03/08 * 15:40 [ 編集] | top↑
--コメントありがとうございます。--

コレの結末と、和倉・瓜生の最後の会話は衝撃ですよね。
私もこのあたりから東野作品に本格的にはまったんです。
(最近あんまり読んでないですがw
by: びと * - * URL * 2007/03/13 * 00:43 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/117-6d23b085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
宿命
高校時代の初恋の女性と心ならずも別れなければならなかった男は、苦闘の青春を過ごした後、警察官となった。男の前に十年ぶりに現れたのは学生時代ライバルだった男で、奇しくも初恋の女の夫となっていた。刑事と容疑者、幼なじみの二人が宿命の対決を果すとき、余りに ミステリーマニア【2006/11/21 15:49】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。