全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
筒井康隆「農協月へ行く」
2006 / 10 / 17 ( Tue )
映画「日本以外全部沈没」(映画公式)の原作も入っている短編集。

何でこんなに農協が成金になっているのかは知らないが、
隣の農協が世界一周に行ったからうちは月旅行だ!という
滅茶苦茶なアイディアで月へ向かう農協様御一行。
しかしこんな馬鹿な客はどこにでもいるんだろうなぁ。
飲み屋でも公務員の団体がマナーが悪いというのを思い出した。
パイロットがかわいそうだ。

筒井作品はどうしても狂気の側に感情移入ができないので
作品によっては非常にイライラする事もあるのだが、
それでも読むのをやめられないのは一種の麻薬的な魅力があるのか。


日本以外全部沈没」小松左京の「日本沈没」のアイディアを元に、
SF作家の飲み会での星新一の一言から生まれた作品。
残念ながら出てくる外人スターがよくわからない。
実際には海外セレブが超上流、日本セレブがのその下、
一般日本人がさらに下、最下層に海外難民という構造になるんじゃないかな?たぶん。

個人的には「経理課長の放送」が一押し。
平社員がストでいなくなり、課長部長しか残っていないラジオ局。
経理課長は下っ端なのでアナウンサー役を押し付けられる。
キューを出したり、テープを換えたり、原稿を用意するのは全部部長たち。
しかし素人だからとにかく滅茶苦茶な放送になってしまう。

農協、沈没が傍若無人な日本人集団なら、
経理課長は弱い日本人個人の象徴。
悲しいけどこの人には感情移入できた。


TB→
黒夜行
のぽねこミステリ館

収録作

農協 月へ行く
日本以外全部沈没
経理課長の放送
信仰性遅感症
自殺悲願
ホルモン
デマ
村井長庵



筒井 康隆 / 角川書店
Amazonランキング:141,064位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:お気に入りの本 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:た 筒井康隆

13 : 11 : 46 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<東野圭吾「宿命」 | ホーム | 東野圭吾「秘密」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/115-4e174266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。