全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
東野圭吾「秘密」
2006 / 10 / 17 ( Tue )
初、東野圭吾
あ~、これ、ヒロスエ出てたよなぁとか思いながら購入。
そういえば当事友人(ヒロスエファン)が色々言ってたなぁ。
そのころは全然興味がなくってごめんなさい。
読んでみたらめちゃくちゃいい話でした。

バスの事故で妻と小学5年の娘を亡くした男が主人公。
でも妻の心は死んでいなかった。
娘の体は死んでいなかった。
最初のほうは事故の悲しみと混乱と入れ替わりの混乱の急展開。

娘が高校生のときが最高にせつない。
どうするのが正しいのかなんてわからんけどね。
ただ、この一件についての仲直りはちゃんとできたのだろうか?
このことで少し何かが変わったんじゃないかと思う。

ああ、そこからラストについてはここで書いてる場合じゃないね。
自分で読むべき。そして泣け。


TB→
もろもろの日々
transPoson(とらんすぽぞん)
今日の綺央



東野 圭吾 / 文藝春秋
Amazonランキング:4,889位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

01 : 05 : 55 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<筒井康隆「農協月へ行く」 | ホーム | 竹内久美子「遺伝子が解く!男の指の秘密」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/114-97d2daba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
秘密
妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落。妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。その日から杉田家の切なく奇妙な“秘密”の生活が始まった。 ミステリーマニア【2006/11/26 12:08】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。