全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
手塚治虫「ぼくはマンガ家」
2006 / 09 / 15 ( Fri )
手塚治虫公式)の半生。
それと、昭和のマンガ史。

手塚治虫本人が、思い出すままに昔の出来事を書き連ねた感じ。
鉄腕アトムとかヒョウタンツギとかキャラクターの誕生話や、
マンガ・アニメの製作苦労話など、手塚治虫についての話としては面白い。
当時の手塚作品の表紙が見られるから分かりやすいし。

ただ、昭和のマンガ史としてはちょっと難しい。
そもそも手塚治虫以前~同期のマンガ家は全然知らない。
知らないけどどんどん名前が出てくるから、
そう言うものかと読み進めるしかない。これはちょっと厳しい。
流石に難しいだろうが、その人達の作品についても紹介があると読みやすかったかもしれない。

後半でようやく、
さいとう・たかを(ゴルゴ13)
藤子不二雄(オバQ、ドラえもん)
あたりの現在でも有名なマンガ家が出てくるのだが、
その活躍についてはほんの僅か。
なので、今のマンガファンにはわからない登場人物ばかり。

これだけの作品を書き上げたエネルギーは物凄いものだったのだろうなぁ。
未完の作品にもこれから面白くなりそうなものもあるし。
最期の言葉も、もっと仕事をという内容だったそうで。


TB→
読書日記
あほたろうな日々


手塚 治虫 / 角川書店(2000/06)
Amazonランキング:257,600位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

00 : 55 : 45 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<竹内久美子「遺伝子が解く!男の指の秘密」 | ホーム | 筒井康隆「ポルノ惑星のサルモネラ人間 -自選グロテスク傑作集」>>
コメント
--びとは、昭和など--

びとは、昭和などをオバするみたい。
by: BlogPetの花兎 * - * URL * 2006/09/27 * 11:10 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/112-b6d3cefe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。