全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
司馬遼太郎「梟の城」
2006 / 09 / 09 ( Sat )
映画化(公式)もされたのでわりと有名な忍者モノ。
個人的には映画のほうには一切興味はないですが。

忍者とは言っても、漫画に出てくるような超能力・魔法使い的な忍者ではなく、
ギリギリで現実的に超人的な鍛錬をこなした人たち。
しかし、中井貴一さんではサラリーマン忍者だな。見てないけど。

そういえば、最近「あずみ」をちょっと読んだけど、
忍者のイメージが近いんじゃないかと思った。
あずみはストーリーは面白そうなんだけど、絵が苦手なんだよなぁ。

伊賀甲賀の違いなんかは今回初めて知った。
今までのイメージでは、
伊賀→ハットリ君、
甲賀→ケムマキだったからなぁ。

実際には、
伊賀→個人技、諜報活動
甲賀→集団、政治活動
と、大雑把に分かれるらしい。
とか言ってたら、この直後に読んだ佐々さんの本にも
忍者とかスパイとか色々出てきたなぁ。




司馬 遼太郎 / 新潮社(1965/03)
Amazonランキング:32,812位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:さ 司馬遼太郎

10 : 09 : 08 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<佐々淳行「謎の独裁者・金正日 -テポドン・諜報・テロ・拉致」 | ホーム | 伊集院静「冬の蜻蛉」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hanaus.blog68.fc2.com/tb.php/108-ef88e431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。