全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
直木三十五「ロボットとベッドの重量」★★★☆☆
2010 / 01 / 28 ( Thu )
青空文庫

レトロフューチャーな小説は大好き。
直木三十五を初めて読んだ。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

21 : 55 : 38 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新美南吉「子供の好きな神様」★★★☆☆
2010 / 01 / 26 ( Tue )
青空文庫

昔、教科書?で読んだ記憶が。

_____________________________________________________________

12 : 19 : 49 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
J.スイフト「ガリバー旅行記」原民喜訳★★★★☆
2010 / 01 / 23 ( Sat )
小人の国や巨人の国は昔絵本で読んだことがあったが、日本やラピュタま
でちゃんと読んだのは初めて。
ガリバーが一度で懲りないのが謎である。

_____________________________________________________________

10 : 08 : 58 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
森博嗣「虚空の逆マトリクス」★★★★☆
2010 / 01 / 17 ( Sun )
短編集。

_____________________________________________________________

18 : 19 : 21 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
福沢諭吉「小学教育の事」★★★☆☆
2010 / 01 / 17 ( Sun )
明治期の小学教育に対する福沢諭吉の意見。

_____________________________________________________________

18 : 19 : 12 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
森博嗣「赤緑黒白」★★★★★
2010 / 01 / 17 ( Sun )
Vシリーズ最終作。

_____________________________________________________________

18 : 16 : 24 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北大路魯山人「お米の話」★★★★☆
2010 / 01 / 15 ( Fri )
あいかわらず豊平文庫で乱読。
豊平は短編は個別に一冊扱いなのかな?

名前だけ知ってたこの人が凄いという理由が少しわかった。
確かに凄い、そして面白い。

_____________________________________________________________

00 : 40 : 14 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
太宰治「ヴィヨンの妻」★★★★☆
2010 / 01 / 15 ( Fri )
流行りに乗っかって読んでみた。
なにやら悲しい。
結末があっさりしている分だけ余計に。

_____________________________________________________________

00 : 38 : 23 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
石川啄木「一握の砂」★★★☆☆
2010 / 01 / 14 ( Thu )
歌集。

母を背負うあの歌も、
じっと手を見るあの歌も、
故郷の訛りを懐かしむあの歌も。

函館の地名がピンポイントで出てきたり、
女のことばかり歌にしたりと、
思ったより歌人ってのは破天荒なんだなぁ、と。

_____________________________________________________________

11 : 59 : 26 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
石川啄木「足跡」★★★☆☆
2010 / 01 / 13 ( Wed )
初の豊平(ほうへい)文庫での読書。
思っていたよりも読みやすい。

明治の頃の代理教員の若い男、おそらくは啄木本人の記憶を元に創られた
お話。

_____________________________________________________________

07 : 15 : 43 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。