全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
五十嵐貴久「交渉人」★★★☆☆
2009 / 03 / 27 ( Fri )
前半~後半頭までは人質をとった強盗犯対警視庁のエリートネゴシエーター。
ところが解決間近と思われたとき、
「手に汗握る驚愕の展開と感動のラスト」(裏表紙より)
になるのだそうだ。

これを驚愕の展開と見るか、
突然裏口のドアから出て行かれたと感じるか…

少し無理矢理な感じがします。

文体は面白いんだけどね。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:あ 作者名「あ」

08 : 54 : 42 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
V.マクダーミド「壁に書かれた預言」宮内もと子訳★★★★★
2009 / 03 / 27 ( Fri )
全19編の短編小説。
1作あたり約10ページしかないのに、
キャラクターの描写が凄く濃い。

形式的には似ているのかもしれないけど、
N氏とはまったく種類の違う、僅か10ページ程度の1編から
サスペンスを1冊読みきった満足感を得られた。

トイレの落書きでストーリーが展開する表題作はインパクト大。

こーゆー良質な短編こそ映画化されるべきだよね。

ミッテル
疾走
油断大敵
命取りのミス
白夜と黒魔術
壁に書かれた預言
真人間になりたい
得がたい伴侶
クリスマスのしきたり
サンタを殺した少女
お大事に
善意の罠
帰郷
火祭り
ビンゴ・ホールの女たち
残念賞
変身
恋人たちの末路
ダンディーへの道


_____________________________________________________________

テーマ:オススメ本!! - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:海外 海外の作者

08 : 49 : 40 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
K.ヴォネガット「タイムクエイク」浅倉久志訳★★☆☆☆
2009 / 03 / 20 ( Fri )
2001年の焼きはまぐりパーティーってなんだ。

小説を分解して再構築した不思議な世界。
その小説が描いている世界が、10年間を追体験しているモノだからますますわけがわからない。

追体験の世界が終わった瞬間に人々にできることは?

_____________________________________________________________

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:海外 海外の作者

19 : 54 : 55 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
嶽本野ばら「下妻物語」★★★★★
2009 / 03 / 16 ( Mon )
深田恭子、最近はドロンジョ様だけど、
富豪刑事と下妻物語もはまり役だと思う。

下妻に関して言えば、土屋アンナも。


映画を軽く見た感想では、
正直バカにしてました。
ギャグ漫画みたいなテンションだったし。

その辺の偏見を拭い去る文章と、
すでに頭の中にいる深田恭子と土屋アンナが
再び動き出すあたりは面白いです。
これは続編も探してこなきゃならない、と決意。

「御意見無様」

とは言え、街中でロリータファッションの人を見つけると思わず目で追ってしまう。
最近は見なくなったけど、ヤンキーも。


_____________________________________________________________

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:た 作者名「た」

11 : 37 : 23 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
佐藤雅彦「プチ哲学」★★★★★
2009 / 03 / 15 ( Sun )
タイトルは哲学だけど、中身は考えることの面白さを
漫画で発問、文章で解説していく読みやすい本。

急いでる時のエレベータの乗り方なんかは、
実際に役に立つ考え方だよな、と。
逆算すると言う視点を持っておくことは大事かもしれない。

歩道の工事のツギハギに興味を持って観察するとか、
面白い人はそもそもの視点が違うなぁ。

_____________________________________________________________

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:さ 作者名「さ」

10 : 27 : 35 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佐藤雅彦「四国はどこまで入れ換え可能か」★★★★☆
2009 / 03 / 15 ( Sun )
著者はピタゴラスイッチで有名な人、らしい。
web上で連載していて、元々はアニメーションだった、らしい。

賞味期限切れの食べ物とか、
じわじわくるネタは大好きだ。

本や漫画やお笑いは、
ゲラゲラ笑うより、ニヤリと、クスリと笑いたい。

そんな意味で結構ツボ。

_____________________________________________________________

テーマ:オススメ漫画 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:さ 作者名「さ」

10 : 27 : 33 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
星新一「どこかの事件」★★★★☆
2009 / 03 / 09 ( Mon )
ミステリィ的な出だしとSF、怪談、神話、寓話、様々な結末。

上役の家
入会
公園の男
消えた大金
あいつが来る
味覚
となりの住人
カード
ポケットの妖精
職業
経路
うるさい上役
ビジネス
運命
お願い
企業の秘密
特殊な能力
先輩にならって
その女
どこかの事件
林の人かげ



星 新一
Amazonランキング:170100位
Amazonおすすめ度:


_____________________________________________________________

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:は 星新一

13 : 30 : 49 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。