全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
麻生幾「極秘捜査 政府・警察・自衛隊の[対オウム事件ファイル]」★★★☆☆
2008 / 03 / 26 ( Wed )
本当にあった、めちゃくちゃ怖い話。

やっぱり結局怖いのは人間。
それも、ちょっと壊れている人間。

麻原の判決は死刑。
でも甘いよね。
死刑になるまでは3食付でのうのうと暮らしているのだから。

個人的に、犯罪者は
犯罪被害額分の強制労働でいいと思うのだけど。
その結果、最終的に死んでしまえばそこまで。
返金し終えたら釈放。

そうすれば泥棒とかの被害を
国が立替えて補償することができるんじゃないか?
と、言う素人の戯言。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:あ 作者名「あ」

21 : 37 : 36 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
筒井康隆「パプリカ」★★★★☆
2008 / 03 / 19 ( Wed )
妖怪とか超常現象ではなくて、
精神科で擬似科学的に説明された夢枕獏的なナニか。

とは言え、夢と現実、夢と夢と現実が混在していく表現は筒井節。
この人の狂気の表現は凄い。
読んでいる自分まで狂気の中に引きずり込まれそうな気がする。
DCミニとかつけていないのに。

_____________________________________________________________

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:た 筒井康隆

21 : 30 : 27 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
筒井康隆「歌と饒舌の戦記」★★★★☆
2008 / 03 / 10 ( Mon )
アマゾンで探してたら表紙が無かったのですが、
筒井の顔

画像ナシのときに表示されるこの絵の口っぽいところが、
筒井作品に出てくる筒井氏の似顔絵に似ているような気がしてきました。

タモリらしきTVスタッフ達が流氷を撮影していたところ、
ソ連軍の侵攻が始まり北海道が戦地になってしまう。
ゲリラとして抵抗する人、混乱に巻き込まれる人、
戦地の様子を見に行かされるSF作家、
裏で取引をする米ソ、ゲーム、アイヌ、歌、
とにかく80年代そのものをパロディした作品。

どうまとめるのかと思ったら、こんなことになるとはw

_____________________________________________________________

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:た 筒井康隆

20 : 32 : 46 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小松左京「虚空の足音」★★★★☆
2008 / 03 / 02 ( Sun )
この人の時代物は今回のような侍ものにしても、
ゴエモンのニッポン日記」のような、
宇宙人の目から見た地球の歴史にしても、
とにかくくどくて読みづらいものが多い。

表題作だけなら文句ナシの出来なんだけどなぁ。
んー、全作面白い短編集などというものはやはりなかなか見つかりません。

忘れろ・・・・・
うるさい!
逃ける
逆巨蔵
お糸
予知の悲しみ
虚空の足音


_____________________________________________________________

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:か 小松左京

22 : 43 : 19 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。