全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
司馬遼太郎「殉死」★★★☆☆
2007 / 12 / 30 ( Sun )
乃木希典(wiki)

(のぎ まれすけ、1849年12月25日1912年9月13日)
「乃木大将」、「乃木将軍」などの呼称で呼ばれることも多い。
東郷平八郎とともに日露戦争の英雄とされ、「聖将」とも呼ばれた。
明治天皇の後を追った乃木夫妻の殉死は、当時の日本国民に多大な衝撃を与えた。


明治時代の軍神。
明治天皇の後を追って殉死。
そしてその後を追って先生(こころ・夏目漱石)も自殺。

軍人、乃木希典の生涯。
思ったよりも華やかではない。
と言うよりも、負けっぱなしである。
何でこんな人が将軍にまで登りつめることができたのか?
軍人と言うよりは最期の武士だったのかもしれない。

それにしても誰か止めてやれとか思うのですが。

どうせなら調べ物をしつつの形式ではなく、
ちゃんとした物語として完成させてほしかったなぁ。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:知的好奇心を刺激 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:さ 司馬遼太郎

12 : 04 : 41 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
武田泰淳「ひかりごけ」★★★☆☆
2007 / 12 / 29 ( Sat )
人肉を食べた事件として、
そして、人肉を食べたことにより
刑を受けた事件として有名な「ひかりごけ事件」の語源。

極限状態で共に死んでしまうのが正しいのか、
一人だけでも生き残るべくその選択をしてしまうのが正しいのか。
そういえば「海がめのスープ」なんて話もあったなぁ。

選択もできず、ただ衰弱して終わるんじゃないかな。自分は。


収録作

流人島にて
異形の者
海肌の匂い
ひかりごけ


_____________________________________________________________

16 : 04 : 59 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小松左京「宇宙人のしゅくだい」★★★☆☆
2007 / 12 / 28 ( Fri )
星新一的なショートショート集。
しかしさらに対象年齢が低い。

宇宙人から、次世代の人間達(=子供達)へ出された宿題とは?
子供向けな分、逆にストレートな表現も多くて面白いかも。

解説は谷川俊太郎。

収録作

算数のできない子孫たち
つりずきの宇宙人
宇宙人のしゅくだい
“ぬし”になった潜水艦
アリとチョウチョウとカタツムリ
キツネと宇宙人
雪のふるところ
地球からきた子
タコと宇宙人
理科の時間
つゆあけ
にげていった子
ロボット地蔵
地球を見てきた人
空をとんでいたもの
赤い車
お船になったパパ
大型ロボット
ガソリンどろぼう
六本足の子イヌ
冥王星に春がきた
未来をのぞく機械
宇宙のもけい飛行機
宇宙のはてで
小さな星の子


_____________________________________________________________

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:か 小松左京

23 : 00 : 29 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
酒見賢一「ピュタゴラスの旅」★★☆☆☆
2007 / 12 / 27 ( Thu )
ピュタゴラスを宗教者と見るか、科学者と見るか。
音楽家でもあるんだなぁ。
テーマそのものが非常に深いゆえに、
短編ではちょっと掘り下げきれなかった感がある。
この人の歴史題材モノは長編の方がいいね。

ギリシャ以外の現代モノでは、「籤引き」が秀逸。
罪と罰の判定を全て籤引きで行う島。
身に覚えのない罪をかぶり、
その罰を受けて喜んで死んでいく島民。
その理不尽さに取り残され、
正しい(現代的な)裁判を行わせようとする文明人。

果たしてどちらがより正しい人間の姿なのか?
読むほどにわからなくなっていきます。

収録作

そしてすべて目に見えないもの
ピュタゴラスの旅
籤引き
虐待者たち
エピクテトス


_____________________________________________________________

テーマ:知的好奇心を刺激 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:さ 酒見賢一

21 : 03 : 52 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
池波正太郎「剣客商売16 浮沈」★★★★★
2007 / 12 / 26 ( Wed )
剣客商売最終巻。
ここまでくると読み終わって剣客商売の世界が
完結してしまうのがもったいない気がしてくる。

ある意味、又六が大金星。
ポイント毎にはハッピーエンドを迎えつつも、
全体としてどこかさびしげな最終回。

あれ?
でもこれって作者逝去による断筆だったっけか?
それにしては物語として綺麗に終わっている気もしますが。
もし続くのであれば、孫の小太郎にも強くなってほしかったなぁ。
親子孫、三代剣客商売。

収録作

深川十万坪
暗夜襲撃
浪人・伊丹又十郎
霜夜の雨

霞の剣



_____________________________________________________________

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:あ 池波正太郎

16 : 57 : 08 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
帚木蓬生「閉鎖病棟」★★★★☆
2007 / 12 / 25 ( Tue )
とりあえず、作品とは関係なく、
作者の人生そのものが下手な小説より面白そう。
苗字の読み方がわかりません。

この二点だけは言わずに進めませんでした。


精神科の閉鎖病棟の中でおこる悲喜劇。
医者ではなく、患者の視点から描かれていく。
精神病棟とは言え、
ほとんどは知的水準こそ劣るものの
穏やかで問題を起こすことも無い人たち。
そこで発生する重大事件。
次第に回復し、狂気を増し、減っていく仲間達。
少し寂しいが、主人公が前に進んで行くラストに感動。

_____________________________________________________________

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:は 帚木蓬生

22 : 32 : 40 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
川上弘美「溺レる」★☆☆☆☆
2007 / 12 / 24 ( Mon )
愛欲におぼれる男女。
その愛が不倫だろうが逃避行だろうがなんだっていいのですが、
男女の会話がいかにも「台詞」な臭いがする点。
性についての描写が直接過ぎる点。
この二点で私好みではありませんでした。

もうちょっと綺麗な話が読みたいわー

収録作

さやさや
溺レる
亀が鳴く
可哀相
七面鳥が
百年
神虫
無明


_____________________________________________________________

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:か 作者名「か」

21 : 03 : 38 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鈴木清剛「消滅飛行機雲」★★★☆☆
2007 / 12 / 23 ( Sun )
直前に読んだ鈴木光司と比較すると、
ポップで軽い、今風な登場人物たち。

「消滅飛行機雲」って言葉が気に入った。
飛行機雲とは逆に、一本だけ細く残った青空。
がんばれ弟。


収録作

ひかり東京行き
麦酒店のアイドル
消滅飛行機雲
怪獣アパート103号
パーマネントボンボン
人生最良のとき
八月のつぼみ


_____________________________________________________________

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:さ 作者名「さ」

21 : 59 : 34 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鈴木光司「サイレントリー」★★★★☆
2007 / 12 / 23 ( Sun )
やっぱりこの人の文章は好き。
リングのインパクトは凄かったが、
それ以外のジャンルの作品も面白い。

幼い妹が死んでしまい、
崩壊寸前の家族を救うべく
妹の成長記録をCGを使い作り上げた兄。
その先に救いはある、コトを願う。

離婚寸前の夫婦、
あるとき妻と子供が出かけた先で
偶然撮られた砂浜の写真。
何かを信じ、その場所に子供とともに出かける夫。

どの話にも救いがある、綺麗な短編集でした。

収録作

目覚めれば目の前は海
大山
結婚指輪
枝の折れた小さな樹
人生相談
一輪車
サイレントリー


_____________________________________________________________

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:さ 作者名「さ」

14 : 56 : 13 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。