全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
半村良「英雄伝説」★★☆☆☆
2008 / 12 / 31 ( Wed )
30代、働き盛りの男のサラリーマン小説かと思いきや、
目の前で起きた殺人事件と、失踪した友人の謎を追うミステリィな展開になり、
新薬開発の企業の裏側を覗き見る企業スパイのお話になつつも、
友人が残した女性とのラブストーリーもありつつ、
企業の闇に巻き込まれるハードボイルドな展開を経て、
新薬と日本の神話が繋がり、
会社を辞め、小説家の手伝いをしていた頃にようやく真相が見えてくる不思議で盛り沢山すぎる小説。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:は 半村良

10 : 37 : 31 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
半村良「亜空間要塞」★★★☆☆
2008 / 10 / 15 ( Wed )
ジョーカンジーという神が祀られている
不思議な世界に迷い込んだSF好きの4人。

行方不明の叔父の名前は浄閑寺公等。

いわゆる古典SFのエッセンスをちりばめつつ
ストーリーが展開していくのだが、
残念なことに元ネタの半分くらいは未読。

こうなったらしばらく古典SFの世界に
身を投じるべきかと読了後はしばらく考えていたけど、
最近はSFを読まなくなってしまいました。



_____________________________________________________________

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:は 半村良

20 : 36 : 28 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
半村良「戦国自衛隊」★★★★☆
2007 / 04 / 30 ( Mon )
大規模演習に参加するために設置された自衛隊の補給部隊が、
突如起きた嵐に巻き込まれタイムスリップしてしまうことから始まる戦国物語。
下の画像はなにやらカッコイイが、私が読んだのは
デビルマンでおなじみ永井豪のイラスト付きの方。
漫画化したゆえの縁らしいのだが、この人の絵だと濃すぎる気がします。
侍は野武士か野盗に、自衛隊はヤクザな傭兵部隊に見えてしまいましたw

お話の方は、アマゾンの書評にもあるけど、ハリウッドなら大変な戦闘シーンを作って、
それだけでも一つのエンタテイメントに仕上げることのできる素材を
ここまであっさりと進めてしまう流れにはもったいなさと言うか、
もう少し彼らを活躍させて欲しいというか、少し惜しい気もする。
でも最近、この「惜しい」と思わせる作品こそが面白いと思えるようになってきた。気がする。
100%完全に書き込まれた世界だと、読み手の感情のやりどころが無い感じがしてくる。
もちろんソレが面白い場合もあるわけだけど、
作者の考え方が私の理想の方向に進んだ場合はそのほうが楽しめるかもしれない。
とはいえそんなことはめったにありえないわけで。

んー、我ながらよくわからない文章だ。



半村 良 / 角川書店(2005/01)
Amazonランキング:135235位
Amazonおすすめ度:


_____________________________________________________________

18 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。