全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
土屋賢二「汝みずからを笑え」★★★★☆
2008 / 02 / 11 ( Mon )
哲学者の書いた、毒にも薬にもならない、
ちょっと笑える一冊。

一番問題なのは、
「ツチヤ学部長の弁明」
「ツチヤの軽はずみ」
「人間は笑う葦である」
まだ4冊目なのに、どれに何が書いてあったかわからないところ。
すべての話題が、複雑な、しかし同じような論理を辿り、
最終的に行き着く先はホンの数箇所しかない。
(世間が私の才能を理解してくれないのが悪い、
(すべての女は恐ろしい、
(助手は無礼である、等
だからきっとどれがなんだったか覚えられないのだろう。

イシイヒサイチの挿絵がよい。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:こころの糧になる本 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:た 土屋賢二

10 : 52 : 22 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
土屋賢二「ツチヤ学部長の弁明」★★★☆☆
2007 / 10 / 01 ( Mon )
とうとうツチヤ氏が大学教授から学部長へランクアップ。
世も末である。

そんなツチヤ氏が、
妻とか女性全般とか助手とか同僚の教授とか、
いろんな人たちに対して、
学園のパンフとか誰かの本の後書きとか雑誌とか、
いろんなところで書き連ねた弁明の数々。

ここまでくるとある意味すごい。
イシイヒサイチ氏の挿絵と文の雰囲気がよくあっている。


土屋 賢二 / 講談社(2003/10)
Amazonランキング:279941位
Amazonおすすめ度:


_____________________________________________________________

テーマ:読書ノウト - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:た 土屋賢二

21 : 37 : 20 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
土屋賢二「人間は笑う葦である」★★★☆☆
2007 / 02 / 16 ( Fri )
この本を読むか読まないか迷いながら手に取ったとき、
読むことを決めた一言は「解説・森博嗣」でした。
解説まで読むと、実は森博嗣土屋賢二って
ちょっと文章の方向性が似ているのかもしれないなんて思ったり。
そう思って読めば犀川先生の「意味無しジョーク」とかも、
この系統の笑いのセンスが入ってるんじゃないかなぁ。

そんな連想で土屋教授と助手の関係を、
犀川さんと国枝さんの関係に重ねて考えてみたり……
ぜんぜん違う世界の会話だなぁ。

柴門ふみが土屋教授の教え子であることに驚き。
一時期もの凄く流行ったけど、今はどうなんだろうか?
そういえばちょっと前にもドラマになったっけ?

まったく本編とは関係がなくなったが、
「今はもうない」の文庫版の解説は逆に土屋さんが書いているらしい。
んー、ちゃんと読んだ記憶が残ってない。



土屋 賢二 / 文藝春秋
Amazonランキング:48113位
Amazonおすすめ度:


_____________________________________________________________

18 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
土屋賢二「ツチヤの軽はずみ」
2006 / 06 / 28 ( Wed )
週刊文春に連載されたエッセイを1997年1月から1998年3月までまとめたもの。
意味がありそうで実は無い、この文体に何か騙されているような気がする。

文章も軽くて面白いけど、
挿入されている画伯レベルの挿絵が最高。
公式サイトのTOPにも晒してあった。

是非、ぷっすまで某画伯と対決していただきたいと思ったww


土屋 賢二 / 文藝春秋(2001/10)
Amazonランキング:20,130位
Amazonおすすめ度:



_____________________________________________________________

11 : 19 : 15 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。