全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
宮嶋茂樹「不肖・宮嶋 ちょっと戦争ボケ 上1989~1996」★★★★☆
2008 / 12 / 31 ( Wed )
キャパに憧れる不肖・宮嶋の従軍記録。
とはいえ、いい加減なスケジュールだから軍においていかれて大変な目に会う。
それが面白い。

世界各地での戦争体験だが、旅行記の如く地図・写真付き。
あ、カメラマンだから写真は当然か。

最前線までをレンタカーで往復し、
道を間違えて反政府軍に殺されそうになり、
掃海艇でペルシャ湾へ行き、
変更のできない安いチケットのために命懸けの無茶をし、
自衛隊テントの横でテント生活したら寄生虫にやられたりする
かなり(違う意味で)悲惨な戦争体験。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:エッセイ/随筆 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:ま 宮嶋茂樹

10 : 55 : 52 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宮嶋茂樹「不肖・宮嶋 踊る大取材線」★★★★★
2007 / 01 / 12 ( Fri )
7歳でカメラをはじめた不肖・宮嶋の半生を綴った自伝。

芸能人を追いかけたり、オウムを追いかけたり、逆にターゲットの護衛に追い回されたり…。数々のシブ~イ取材記録を時間に沿ってまとめてある。昭和から平成の出来事、事件、事故の記録だと思ってもいいのではないか。
そう思うほどに事件のあるところに宮嶋あり的な仕事っぷり。

破天荒な仕事振りではあるが、その根底にある正義感・好奇心は多くの人の共感を得るものだと思う。飲む・買うをまったくやめられないあたりもある意味で面白い。


宮嶋 茂樹 / 新潮社
Amazonランキング:135411位
Amazonおすすめ度:


_____________________________________________________________

21 : 19 : 38 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宮嶋茂樹「不肖・宮嶋 南極観測隊ニ同行ス」
2006 / 11 / 23 ( Thu )
不肖・宮嶋こと、宮嶋茂樹氏の南極観測隊同行記。

こんな研究者がこんなことを調べてその結果、
何がわかってどうなった。とか、
南極にはこんな生き物がいて…とか、
そんな難しい話は一切無し。

宮嶋氏の撮った写真も大半は隊員たちのあまりかっこよくない姿。
書いてあることもこんなことが辛かったとか、
お風呂には入る機会が無いとか、
砕氷船の中は激揺れで船酔い者続出とか、
そんなちょっとかっこ悪い話を満載。

観測隊のメンバーは、日本国内にいればそれなりのエリートさんなのに
南極ではどうもやることが無いらしく、
モヒカンとか、ボウズとか、チョンマゲとか、
変な髪形にして遊んでいるらしい。
確かに、半年~一年も外に出られないならそんな遊びも面白そう。


あとがきの勝谷氏(日記)の話で初めて
不肖・宮嶋というものが共作のペンネームのようなものだと知った。
そこまでけなされる宮嶋氏の生原稿もちょっと読んでみたく思った。



宮嶋 茂樹, 勝谷 誠彦 / 新潮社
Amazonランキング:12881位
Amazonおすすめ度:


_____________________________________________________________

テーマ:読了本 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:ま 宮嶋茂樹

02 : 13 : 26 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宮嶋茂樹「不肖・宮嶋 撮ってくるぞと喧しく!」
2006 / 08 / 12 ( Sat )
「不肖・宮嶋の天誅下るべく…」の文庫版。
基本的に文庫しか買わないのでかぶる心配は無いのだけど。

1.愛人マンション張り込み記
2.モリモリ・ハネムーンを急襲せよ!
3.カンガルーでごめん
4.三田寛子さまの大学受験
5.竹下景子のチチが見たい!
6.「人間の屑」と罵るであろう
7.覆面ベンツを捕まえろ!
8.ダッチ・ワイフと真珠を持って!
9.怖ろしきかな、一発への執念
10.ディズニーなんて嫌いじゃ!
11.天誅、下るべし!



1、2、4、5は芸能系のスクープのお話。
この手の話はそんなに好きではない。

3は失敗談。
今回は下ネタ(6、8、9)も多いし。
他の作品に比べると平和な感じ。
覆面ベンツを追いかけるのと、天誅(オウム関連)がまぁ、面白かったかな。

読み物としては下ネタでも失敗談でも面白いけど、
やはりちょっと馬鹿過ぎる感じもする。
戦場や新興宗教との戦いが緊迫感もあって読み応えがあるね。


宮嶋 茂樹 / 祥伝社(2003/02)
Amazonランキング:48,549位
Amazonおすすめ度:


_____________________________________________________________

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:ま 宮嶋茂樹

13 : 57 : 15 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宮嶋茂樹「不肖・宮嶋 死んでもカメラを離しません」
2006 / 05 / 28 ( Sun )
昔、漫画でこの人の話を読んだような気が…

残念ながらタイトルとか失念。
単行本化されてないのかな?
検索してみるも、発見できず。



とりあえず、御本人のサイトは発見。

不肖!宮嶋茂樹のウェブサイト

災害とか戦争(軍隊)関連の写真が見れます。
新聞やTVなんかじゃ見れないような写真も多く、
これを書いてる途中で一通り見てしまったり…。

新聞では見れないと言うか、新聞には載せられないような写真も…


サイトも小説も雰囲気が同じ。(あたりまえか、
小説の方は、裏話なんかがメイン。サイトは画像がメイン。
そのくらいの違いかな。

あ、ほとんど小説関係無いことばっかりだw


TB、
感想いろいろなノート
アンバランスなヤジロベエの扉


_____________________________________________________________

00 : 06 : 48 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。