全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
竹内久美子「シンメトリーな男」
2006 / 11 / 03 ( Fri )

シンメトリー [symmetry]
左右の大きさ・形・色などの釣り合いがとれていること。
対称。均斉。
⇔反:アシメトリー


というわけで、動物(主にオス)にとって
シンメトリーであることがとても重要らしい。

シンメトリーな馬はよく走るし、
シンメトリーなツバメはすぐにパートナーのメスを見つける。
シンメトリーな男は……。
(メスはシンメトリーじゃなくてもモテるそうです。
(あくまでも選ぶ側としての優位な点ですね。

ただしそのシンメトリー具合はコンマ何ミリの世界。
ではどうやってメスはオスのシンメトリーさを確かめるのか?


と、基本的にはすごく面白い内容だったのだが、
後半の竹内さんの暴走が酷い。
「シンメトリーにあらずんば人(オス)にあらず」と
言い切ってしまうかの勢いだ。
自分がシンメトリーだと思えないオスは読まないほうが吉。

TB→
わたしの書棚
TESTAMENTO



竹内 久美子 / 新潮社
Amazonランキング:41,488位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

00 : 20 : 29 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
竹内久美子「遺伝子が解く!女の唇のひみつ」
2006 / 11 / 01 ( Wed )
週刊文春H13.10.25号~H14.10.17号までに掲載された
ズバリ、答えましょう』をまとめたもの。
「遺伝子が解く!男の指の秘密」の続編。

第1章 性は進化し続ける
(エッチな妄想とくしゃみ/子どもは美人を見分ける;女はフェロモンを嗅ぎ分ける ほか)
第2章 みんなの繁殖問題
(ダイエット=避妊法説;子どもの三歳・反抗期のワケ ほか)
第3章 ドライブする食べもの
(心に効く!タケノコに秘められた力;食す前に知っておきたい、フグ毒と美味の理由 ほか)
第4章 本音で生きる動物たち
(黒猫が気弱なのは…;サルもオルガスムスで「ホウ」と叫ぶ ほか)
第5章 キテレツ科学者と一緒に
(ノーベル賞に一番近い男・マーク小西;野口英世がノーベル賞を逸したのは… ほか)



男は兄のほうがシンメトリーだとか、
注※シンメトリー、動物を観察する上で重要なポイント。
たとえば目・耳・鼻の穴・手など左右二対あるものが、
どれだけ同じ大きさ・形になっているかということ。
シンメトリーであればあるほど女性にモテルし、
(なぜか女性の場合はシンメトリーさがそれほど重要視されないようだ
馬は良く走るし、とにかく生物として優れていることが多いらしい。

耳垢がウェットな人ほど体臭が強い可能性が高いとか、
高齢出産なほど男の子を生む可能性が高いとか、
わりと身の回りのことについて、動物行動学的に竹内さんが答えてくれます。

すごく面白いのですが、問題が一つ。
性の話題が多いので(見出しにドーン!とそんな単語が出てたりする)
電車の中で読むときには後ろに気をつけましょう。ゴルゴみたいに。


_____________________________________________________________

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:た 竹内久美子

09 : 00 : 34 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
竹内久美子「遺伝子が解く!男の指の秘密」
2006 / 10 / 16 ( Mon )
まじめに納得できる部分と、またまたご冗談をと笑い飛ばすところと。
まぁ、すべてを真剣に受け止めてしまう人にはお勧めしない。

一番大事なのは、体の末端(指とか足とか)を形成する遺伝子
性器周辺を形成する遺伝子が同じらしいということ。
これを人間は経験的・感覚的に知っているから、
男は女の足に惹かれ、女は男の指にセクシーさを感じるのではないか?と。

基本的には読者のQに対して竹内さんが答えるという形式。
まじめに答える竹内さんもすごいけど、
突拍子もない質問を出すほうの読者もすごい。

キリンの首はおまけだったのか。



PASSとかいろいろ行方不明になったので再登録。
テクノラティプロフィール


竹内 久美子 / 文芸春秋
Amazonランキング:10,811位
Amazonおすすめ度:


_____________________________________________________________

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:た 竹内久美子

13 : 00 : 45 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
竹内久美子「BC!な話」
2006 / 09 / 02 ( Sat )
サブタイトルは「あなたの知らない精子競争」
人間の精子や他の生き物の精子が、
卵子にたどり着くまでにどれだけ熾烈な競争をしているのか。
私は知りませんでした。

まぁ、詳しい人もそんなにいる話ではないだろうけど。


BC!は生物学的に正しい(Biologically Correct)という意味らしい。
最初はABC(キスから始まるヤツ)のことかと思ってた。

PC(Political Correct)=政治的に正しいからの造語らしい。
そういえば昔、「政治的に正しいおとぎ話」なんて本もあったな。
個人的には政治的には多少どうだろうと、
過去の名作を言葉狩りで消してしまうのは如何なものかと思うのだけど。


この人の作品も五冊くらい読んだので、現時点ではちょっと飽和状態なのだけど、
竹内さんのネタ振りをまだ半分も理解できていないであろう私は、
今後このジャンルの真面目な本を読んでみるべきか検討中である。
もう少しだけ難解でもいいから、科学的に正しい本はどうやって探すべきか?

TB→
人生のポイ捨て禁止
TESTAMENTO


竹内 久美子 / 新潮社(1999/12)
Amazonランキング:26,734位
Amazonおすすめ度:


_____________________________________________________________

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:た 竹内久美子

01 : 00 : 30 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
竹内久美子「小さな悪魔の背中の窪み 血液型・病気・恋愛の真実」
2006 / 08 / 17 ( Thu )
鵜呑みにしちゃダメだけど、科学エッセイとしてはとても面白い。
この人に言わせるとほとんどの癖、好み、行動なんかは遺伝子が原因。

曰く、
色白でくびれのある女性を好む理由
足の長い男性を好む理由
O型が社交的である理由
逆にA型が神経質な理由



などなど
人間の行動も動物の行動も全ては祖先からの呪縛の中なのか?

あ、タイトル「小さな悪魔の背中の窪み」はいいなと思った。
まさしくこれは小さな悪魔だわ。
生まれてすぐに行動できるってのは、確実に遺伝子の力だね。


TB→
TESTAMENTO
子どものセラピスト


竹内 久美子 / 新潮社(1999/01)
Amazonランキング:28,875位
Amazonおすすめ度:


_____________________________________________________________

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:た 竹内久美子

12 : 11 : 12 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。