全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
小松左京「ゴルディアスの結び目」★★★★★
2009 / 02 / 27 ( Fri )
全力で集中して、本気で追いかけていかないと
ついていけないくらいテンションの高い4作品。
しかし、それより衝撃的なのはあとがきの一言。

「ほんの一行ずつのメモ」


小松氏にとってすれば、
これだけの作品もメモに過ぎない。

精神世界、
悪魔憑き、
男女の性行為、
宇宙誕生、

テーマだけでもお腹いっぱいになる。

岬にて
ゴルディアスの結び目
すぺるむ・さぴえんすの冒険
あなろぐ・らぶ




小松 左京
Amazonランキング:42147位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:か 小松左京

21 : 38 : 25 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
小松左京「サテライト・オペレーション」★★★★☆
2008 / 05 / 22 ( Thu )
他の小松作品にはない、
筒井的エロティシズムが
見られたことに驚き。

あー、これ読んだのいつだっけ?

飢えた宇宙
煙の花
星殺し
おみやげブーム
女か怪物か
サテライト・オペレーション

月よ、さらば
会合
割れた鏡


_____________________________________________________________

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:か 小松左京

22 : 56 : 36 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小松左京「虚空の足音」★★★★☆
2008 / 03 / 02 ( Sun )
この人の時代物は今回のような侍ものにしても、
ゴエモンのニッポン日記」のような、
宇宙人の目から見た地球の歴史にしても、
とにかくくどくて読みづらいものが多い。

表題作だけなら文句ナシの出来なんだけどなぁ。
んー、全作面白い短編集などというものはやはりなかなか見つかりません。

忘れろ・・・・・
うるさい!
逃ける
逆巨蔵
お糸
予知の悲しみ
虚空の足音


_____________________________________________________________

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:か 小松左京

22 : 43 : 19 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小松左京「はみだし生物学」★★☆☆☆
2008 / 01 / 29 ( Tue )
正直本気で難解な小松的生物学。
小松左京の深い知識とSF世界の融合が見えるのだが、
高校生物のレベルではついていけないところも多い。

もっとライトな読み物かと思ってたのに…

_____________________________________________________________

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:か 小松左京

22 : 59 : 15 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小松左京「宇宙人のしゅくだい」★★★☆☆
2007 / 12 / 28 ( Fri )
星新一的なショートショート集。
しかしさらに対象年齢が低い。

宇宙人から、次世代の人間達(=子供達)へ出された宿題とは?
子供向けな分、逆にストレートな表現も多くて面白いかも。

解説は谷川俊太郎。

収録作

算数のできない子孫たち
つりずきの宇宙人
宇宙人のしゅくだい
“ぬし”になった潜水艦
アリとチョウチョウとカタツムリ
キツネと宇宙人
雪のふるところ
地球からきた子
タコと宇宙人
理科の時間
つゆあけ
にげていった子
ロボット地蔵
地球を見てきた人
空をとんでいたもの
赤い車
お船になったパパ
大型ロボット
ガソリンどろぼう
六本足の子イヌ
冥王星に春がきた
未来をのぞく機械
宇宙のもけい飛行機
宇宙のはてで
小さな星の子


_____________________________________________________________

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:か 小松左京

23 : 00 : 29 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小松左京「猫の首」★★★☆☆
2007 / 07 / 30 ( Mon )
ある生き物が大繁殖し、知能を持ち、人間よりも巨大な勢力となってしまった世界。
猫をかくまった男がどんな目にあわされてしまうのか。
表題作「猫の首」をはじめとして、純粋なSFというよりも、
オチがSFテイストな噺の雰囲気の8作品を収録。絶版。


日本脱出
拾われた男
女のような悪魔
異次元結婚
Mは2度泣く
出来てしまった機械
猫の首
大阪の穴




小松 左京 / 集英社(1982/01)
Amazonランキング:1122217位
Amazonおすすめ度:


_____________________________________________________________

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:か 小松左京

14 : 54 : 10 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小松左京「果てしなき流れの果てに」★★☆☆☆
2007 / 05 / 13 ( Sun )
星は二つだけど面白くなかったわけではない、
むしろ出だしの面白さは流石小松左京と言った感じ。
だが問題は、私の頭がついていけなかったこと。

恐竜時代の地層から発見された不思議な砂時計。オーパーツとでも言えばいいのだろうか?砂が落ち続けているのに上の砂が減らないし、下の砂が増えないのだ。これを発見した人や調べようとした大学教授達が次々と謎の失踪・死亡・事故で消されていく。ここまでの展開はついていくことができた。が、次第に展開が加速し複雑になっていく。

大事なのは登場人物の名前と、関係を確実に把握しておくこと。名前を覚えることに弱い私はメモをしながら読むべきだったかもしれない。そのくらい複雑。そして相関関係がわかっていないと中盤からの展開がまったく楽しめない。それでも徐々に見えてくるものがあるのだが…。

これはもう一度読むべきなのか、純文学などと一緒にして「わからなかったものは諦める」べきなのか。あと何年かたって思い出せたら読みなおしたい気もするのだが。


小松 左京 / 角川春樹事務所(1997/12)
Amazonランキング:32052位
Amazonおすすめ度:


_____________________________________________________________

17 : 11 : 17 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小松左京「首都消失 下」★★★★☆
2007 / 04 / 14 ( Sat )
ようやく本棚(→booklog)が150冊目。
数えてみたら、読書感想の記事は159、あれ?
どこで数がずれたんだろうか?
漫画とか映画も本棚に入っているので、本棚の方が多いはずなのに??

本編は後半になると怒涛の展開なのだが、
逆に新展開が多すぎてまとまらずに終わってしまった感じ。
政治の世界にかかわってくるあたりとか面白くなりそうだっただけにちょっと残念。

読んでいて思ったのだが、小松左京の小説に出てくる人間は強い。
どんなに絶望的な状況でもとにかく前を見て、自分に何ができるかを考えている。
対して筒井康隆の小説に出てくる人間は、同じ状況で完全に壊れてしまう。
どっちも面白いんですけどね。


小松 左京 / 角川春樹事務所(1998/05)
Amazonランキング:189527位
Amazonおすすめ度:


_____________________________________________________________

18 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。