全件表示TopRSSAdmin
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
北杜夫「あくびノオト」★★★★☆
2007 / 10 / 16 ( Tue )
体験記と短編が混在して、
最終的には何が何だかわからなくなってくる。
「嘘吐き」ではなくて「法螺吹き」

パロディでない作品はこんなに面白いのに、
なぜパロディになるとあんなにも下品なのか。
非常に残念である。
ほかみんな面白いのに。

解説は星新一。


北 杜夫 / 中央公論社(1997/03)
Amazonランキング:639373位
Amazonおすすめ度:

スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:読書ノウト - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:か 北杜夫

18 : 45 : 28 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北杜夫「怪盗ジバコの復活」★☆☆☆☆
2007 / 09 / 12 ( Wed )
まったく褒める気がないのでこの作品が好きな方は以下は読まないほうがいいです。

なんて前置きから感想を書かなくちゃならなくなるくらいに、
北杜夫パロディとは相性がよくないということがようやくわかった。
相変わらず原作に対しての愛のないパロディ
俺の作ったキャラが最強な展開。
盗品を喜ぶヒロインとのバカップルぶり。
ただでさえ飽きてきているのに、
論語やらなにやらで読みにくくて疲れるラスト。
すべてにおいてまったく受け付けませんでした。
こんなに疲れたのは「リアル鬼ごっこ」以来かもしれないってくらいに。



北 杜夫 / 新潮社(1992/12)
Amazonランキング:975395位
Amazonおすすめ度:


_____________________________________________________________

テーマ:読書ノウト - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:か 北杜夫

23 : 25 : 10 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北杜夫「怪盗ジバコ」★★☆☆☆
2007 / 09 / 05 ( Wed )
何だかよくわからないが、週刊少年誌に載っているような
下手糞な絵のギャグマンガ程度には面白い。
あまり褒めているつもりはない。

この人の他の作品でも思ったのだが、パロディのセンスがとても悪い。
どんな相手であろうとも「俺の作ったキャラが最強」といった感じなのだ。
小中学生の妄想といい勝負だな。
パロディ元への敬意が感じられないので見ていて不快になることも多い。
笑えるところもあるが、お勧めはしない一冊。


北 杜夫 / 新潮社(1987/06)
Amazonランキング:253915位
Amazonおすすめ度:


_____________________________________________________________

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:か 北杜夫

23 : 00 : 26 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北杜夫「大日本帝国スーパーマン」
2006 / 05 / 31 ( Wed )
読んだけど、ここに書き込めてない本が増えてきたので2連続投稿。

収録作品は、

大日本帝国スーパーマン
銭形平次ロンドン捕物帖
新大陸発見
 の3作。

これもタイトルで検索したけどヒットせず。
個人的には内容もイマイチ。

スーパーマンとシャーロック・ホームズのファンにはお勧めできない。

新大陸発見は久々に途中で力尽きそうになった。
現実と史実と妄想をごっちゃにしたストーリーなので、
無理矢理他人の夢を見させられている感じ。



_____________________________________________________________

01 : 10 : 09 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北杜夫「人工の星」
2006 / 05 / 31 ( Wed )
北杜夫のSF系短編集。面白い。

解説は星新一。
素敵な組み合わせだw



収録作品は、

第三惑星ホラ株式会社
空地
贅沢
意地悪爺さん
うつろの中
童女
買物
推奨株
陸魚
月世界征服
活動写真
朝の光
人工の星


買物と意地悪爺さんがいい。

買物は、フジコフジオのSF短編集にあったタイムマシンを作る男の話を思い出した。
ストーリー的には全然違うけど、信念がことを起すってあたりが。
最終的にはホントだったのかウソだったのか?

意地悪爺さんは、爺さんひでぇとか思って読んでたけど、
最後の最後で笑ってしまった。

うつろの中、童女は童話を主題にしたお話。

ショートショート的な短編と、北杜夫的なちょっと気の抜けたバカバカしいお話と、
どちらにもあてはまらない全然雰囲気の違うものと、
かなり読み応えのある短編集。


どこかにTB送ろうと思ったけど、「人工の星」だとヒットしなかった。
ん~、まぁ、いいかw

_____________________________________________________________

00 : 58 : 35 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北杜夫「奇病連盟」
2006 / 05 / 27 ( Sat )
4歩ごとに体が「ピョコリ」とはずんでしまうピョコリ氏のお話。



「奇病同盟」で検索してもこの本についてかかれているサイトにはあまりヒットしませんでした。
関連サイトをまとめる、「○○同盟」とか、「日本奇病同盟」とか言う漫画とか、
あ、その漫画はなにやらタイトルが私の心にヒットしました。


ピョコリ氏の歩き方を真似してみようかと思ったけど、イマイチよく分からなかった。
誰か教えてください。

つーか、もう一つの癖の方がよっぽど問題ですね。
見事に流したお嬢様が凄い。

結構長編だったけど、苦にならずに一気に読めた。
文体が軽いからかな?
漫画を読んだかのような気分です。

_____________________________________________________________

01 : 12 : 12 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。